上場企業の資金調達はどのように行うか?

株式市場に上場する企業は上場を資金調達の手段として行いますが、株式市場には大型企業が集中する東証(東京証券取引所)1部、中小型企業が上場する2部、新興市場であるマザーズやジャスダックがあります。
東証1部の企業は、数十兆円の売り上げの企業もあれば、ジャスダック市場で売り上げが少なく、新興企業と言われる、起業間もない企業もあります。
それぞれの市場に上場基準が異なり、東証1部の上場基準はもっともハードルが高いです。
上場により、市場から資金を集めるのが第一目的となります。
東証1部の場合、発行株数が多く市場にて広く投資家を募り多くの資金を調達します。
調達した資金により設備投資や運転資金などに利用し、事業や業績拡大を目論みます。
売り出し価格が決定すると、証券会社に依頼し投資家を募ります。

株式上場とその後の市場取り引き

発行株式を売り出す方法にIPOが有ります。
IPOは新規公開株式を売り出すことで、IPOにて株式を取得した投資家は、上場日以降、株式市場にて取り引きを行います。
多くのケースは、上場後に出来高が多くなり、価格が上昇する傾向がみられます。
近年では、IPOトレーダーが多く、上場後に急騰し、その後に下げ幅を拡大するケースが多いです。
上場後の投資家同士の取り引きは、直接、上場企業に影響することがないですが、株価の上げ下げは企業の資産価値に影響しますし、活発な売買が行われれば、株の人気が高まり、価格の下支えとなるため、事業を安定して運営できます。
株価が上がれば、株式価値が上がり、利益にともない配当も出ます。
企業も自社株の保有をしているため、配当益は利に配置されます。

上場にどのようなメリットがあるのか?

企業が株式市場に上場するメリットは企業側にも投資家側にもあります。
企業側のメリットは、市場から多額の資金調達を完了し、事業規模拡大や収益拡大を目論み、設備投資や、人材への投資を行います。
上場により、企業の知名度が上がり、その後の事業の展開にもメリットが高いです。
上場により、更なる事業拡大のために増資がしやすいこともメリットです。
投資家側にもメリットはあり、上場企業の株価が上がれば、キャピタルゲインやインカムゲインを得ることができます。
事業が好調で収益拡大と、株価が成長すると、株式分割などで資産が増えることもあります。
株価のが下がると、空売りによる利益が狙えますし、下落したポイントが買いのチャンスとなることもあります。
売買には株価の監視が必要です。