資金調達のあれこれ(上場企業の場合)

どの企業にとっても、資金の調達は重要課題の一つです。
上場企業の場合、信頼度も高く実績もあるので、経営状態が悪化しなければ、大概の場合、銀行などの金融機関による融資が資金の調達のメインとなります。
株式を上場している上場会社では、金融機関の他に株式での資金の調達も便利です。新株発行などでは、一気に資金の調達ができ、大規模な事業展開などを行う場合には、株式での資金の調達が良いでしょう。ただし、株式市場は、常に株価の動きが激しいので、かならずしも安定した資金の調達ができるとは限りません。下手をすると、資産を目減りさせることにもなるので、慎重な対応が必要です。
では、上場会社における株式による資金の調達と金融機関の融資による資金の調達、それぞれのメリットとデメリットについてみてみます。

株式による資金調達のメリット・デメリット

上場企業は、株式市場での株の売買により、不特定多数の人に自社の株を購入してもらうことができ、それにより多額の資金を集めることができます。うれしいことに、この資金は融資のように返済する義務がありません。株価が上がれば資産価値も増え、会社にとっても大きなメリットになります。集めた資金は、自由に活用できますし、融資のように金利の支払いなどの負担がないという点がメリットです。
株式市場は常に変動しているので、株価の上昇だけではなく下落といいう事態も生じます。そうなると、資金の調達も苦しくなり、資産価値も下がるので、安定した資金の調達方法とは言えなません。
新株発行などの大量に株式を発行するとき以外は、多額の資金を調達することが難しい点がデメリットです。

金融機関からの融資による資金調達のメリット・デメリット

最大手といわれるような企業であれば、メガバンクでの融資も可能ですが、それ以外の企業では、上場していても、なかなか銀行の審査が通らず資金の調達に悩むこともあります。
しかし、安定した資金の調達ができるという面では、金融機関からの融資には、メリットがあります。常に変動する株式と違い、必要な額を安定的に借り入れできるからです。
しかし、メガバンクだけでなく金融機関から融資を受ける場合、厳しい審査を受けなければならす、必ず融資が受けられるという保証はありません。また、借入ができたとしても、決まった期間内に返済しなければいけませんし、金利の支払い負担もばかにならないというデメリットがあります。
借入額によっては、金利返済が企業の運営に大きく影響してくる場合があるので、融資に頼りすぎることは危険です。