様々な手段で資金調達を行う上場企業

毎日のニュースの中で、日経平均株価とか東京株式市場とかいう言葉が出て来る事があります。定時のニュース以外の場合は、大抵は急落したという悪い方の情報として流される場合が多いものです。あれは、東京証券取引所というところが開設している株式を売買する市場のことを言っています。日本には、この東京市場以外にも合わせて10の株式市場があり、それぞれに特色を持って企業の株式を売買しています。これらの株式市場で株を自由に売買できる企業のことを上場企業と言います。株式市「場」に上げているから上場と言うのですね。日本には250万程度の株式会社があると言われています。しかし、そのほとんどは中小零細企業でして、上場している企業は数千社しかありません。つまり全体の1%にも満たないのです。

企業が上場するためには審査基準をパスする必要があります

企業が上場するには、様々なハードルがあります。単純に株式会社であればよい、というわけには行きません。証券取引所は、株式を売買するところですが、一定のリスクはあるとはいえ、一応の基準以上の企業の株を採用することで、株を買う人にひどい損害を与えないようにしているのです。例えば、株数がほとんどなくて、売買が成立しないような会社や、投資家が買っていいかどうかを判断するための資料となる決算書類を定期的に開示できない企業、あるいは全く儲かっていなくて債務超過という借金漬けに陥っている企業などは基本的に上場が認められません。他にもいろいろな基準をパスしてようやく上場出来るのですが、そうまでして上場するメリットとして、株式市場から資金調達できることが挙げられます。

上場企業には新たな資金調達の道が開けます

企業が事業を発展させるためには、資金調達が必要です。自己の儲けの中からだけ次の事業への投資を行うという考えもありますが、これではスピードが遅くなり、他社に出し抜かれてしまう危険があります。そこで、外部から資金を集めるのですが、これにはいくつかの方法があります。まず銀行などからの借入金です。いわゆる借金ですが、銀行は土地などの担保がないとなかなかお金は貸してくれません。次に広く投資家からお金を集める方法として社債の発行があります。これは、銀行でない人たちから資金を集めるのですが、いつかは返さないといけません。これらに対して、株式による資金集めは、会社の所有権を売るのですが、お金を返さなくていいという利点があります。貸借対照表場も、銀行借り入れや社債が負債の部に入るのに対して、株式は資本の部に入り、扱いが違います。